がんの対処方法を把握する|転移前に知って備える細胞レベルの戦い

doctor

検査の必要性

検査を受ける方法

nurse

子宮頸がんとは、子宮頚部に腫瘍ができる病気です。主な症状は不正出血や下腹部の痛みなどがありますが、初期は症状が気づきにくいことも多いです。最近では、20〜30代の若い女性でも発症する人が多くなってきました。これに早く気づくためには、定期的な検査が必要です。 このような子宮頸がんの検査は、産婦人科や婦人科で受けることができます。子宮内の粘膜を採取して検査にかけていく方法で、後日結果が分かります。また、各自治体でも子宮頸がんの検査を行っており、特に20代からの若い世代に向けて積極的に呼びかけています。自治体で受ける場合は通知が自宅に送られてくるので、場合によっては検査機関にあらかじめ予約をしておく必要もあります。 子宮頸がんは早期に発見することで、スムーズに治療を受けていくことができるので、検査を受けることはとても大事なことなのです。

定期的な検査の必要性

子宮頸がんの原因は、性交渉でヒトパピローマウィルスに感染してしまうことです。性交渉の経験のある人の多くはこれらに感染している可能性は高いので、20代の内から検査を受けていく必要があります。 ここで気を付けたいのが、子宮頸がんの検査を1回受けて問題なかったからといって、その後検査を受けない場合です。これらは定期的に検査を受けていくことが大切で、最低でも1年に1回は受けるようにしましょう。子宮頸がんの症状はいつ起きてくるか分からないので、過去に検査で問題なかったとしてもそのときに限ってのことです。 また、現在パートナーがいない人でも、過去に1度でも性交渉の経験があれば充分にその可能性はあります。自分の体を守っていくためにも、積極的に受けていきたい検査です。