がんの対処方法を把握する|転移前に知って備える細胞レベルの戦い

doctor

症状と取り組み

わかりやすい症状が特徴です

nurse

咽頭がんとは、文字通り喉にできるがんのことです。 重症化するまで自覚症状が出ないことも多いがんですが、その中でも咽頭がんというのは、初期の段階で異変を感じることがほとんどです。 喉の痛みや、血の混じったタンが出る、食べ物を飲み込むと違和感があったり、人によっては首にシコリを見つけることもあるようです。 がんができる場所によって症状もさまざまなようですが、咽頭がんになった時に必ずといって見られるのは、声のかすれ、あるいはガラガラといった雑音が入るということです。 そのため診断に当たる医師は、少しでも喉に異変を感じたり、時には呼吸がしにくいなどの症状を訴える患者がいるのなら、まずは咽頭がんではないかと怪しむことが多いようです。

治療法や取り組み方

初期の咽頭がんであれば、基本的に放射線治療を行うことになります。 これはがんに放射線を当てて、がんを死滅、抑制を図るというもので、これらに加え、さらに抗がん剤という薬の併用も主流となっています。 早期発見であればそれだけ完治する確率も高くなり、喉の機能を残すことができます。 そして何よりも、多くの症例があり、医療技術も発達してきたため、一昔前では諦めていたような症状でも、現在では治療することが可能になってきたのです。 病院側も、手術の実績や、治療法、最新設備などを惜しげも無く公開しています。幸いにしてインターネットなどで気軽にそれを観覧することもできますので、選択肢が増えました。 仮に、どこかで重度の咽頭がんであると診断されたとしても、諦める必要はないのです。