がんの対処方法を把握する|転移前に知って備える細胞レベルの戦い

doctor

肺腺がん

nurse

肺腺がんは小細胞肺がんの一種です。日本人が発症する肺がんの六割に達します。肺腺がんは他の肺がんと異なり、喫煙との因果関係が薄く、非喫煙者でも多く発症します。また女性の患者が多い事も特徴です。

Read More

転移することがある

こちらのサイトでは肺がんに関する情報が書かれています。予防方法や治療方法をチェックしたい方はクリック!

人の死因であることが多いがんの転移は予防出来ます。そしてその方法は一つではなく、たくさんあるんです。

200年前から研究されていました。

nurse

がんの転移に関する研究は200年前に始まったとされていますが、本格的にがんの転移の研究がはじまったのは1973年、すなわち40年ほど前から開始されたとしています。しかし、19世紀の時点でも特定のがんとそれに転移しやすい臓器組織の関係について唱えている研究者もいたことから、一部でありながらも200年前時点でも現在に通用する理論について解明されていたことが言えます。 現時点ではがん細胞に関して、生物的に均一でないこと、遺伝子が変異して転移に好都合な性質を獲得し、選ばれたエリートが転移して増殖すること、転移のすべての過程が正常細胞とがん細胞が相互に反応し、接着分子といった多くの分子が関与することが研究にて解明されています。

早期発見・早期治療が大切です。

前の記事について簡潔に説明すると、がん細胞そのものが他の臓器に転移し、増殖しやすいこととなります。転移してしまった場合はさらなる臓器の治療が必要となり、死亡リスクも高まってしまうため、がんにかかってしまった場合は転移しないうちに早期に発見し、早期に治療することが大切となるのです。 例えば、乳がんそのものは命に別状はないとされています。しかし、そのまま放置してしまうと他の臓器に転移し、命が危ぶまれる事態に発展しかねません。 したがって、個々の対応として、がんは放置してはいけないこと、早期発見するためにもがんに対する適切な知識を身につけ、異変に少しでも気づけるように取り組む必要があることが言えるのです。

症状と取り組み

nurse

咽頭がんは異変を感じやすい病気です。そのため、すぐに専門医の診察を受けるべきですし、それが完治する最善策です。ただ、医療技術が進歩した現在では、手遅れだと諦める必要はありません。

Read More

検査の必要性

nurse

若い世代に増えてきている子宮頸がんは、気づきにくい症状から発見が遅れて最悪な事態になってしまうことも珍しくはありません。これを防ぐには、定期的に子宮頸がんの検査を受けていくことが大切です。

Read More